• 商品検索
  • 商品カテゴリから選ぶ 
  • 商品名から選ぶ 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
送料無料
店長ブログ
アメーバブログ
500ポイント
商品コード:
1947

ウェイヴ・ライダー

販売価格(税込):
237,600
ポイント: 2,200 Pt
関連カテゴリ:
美容
一言
世の中にあふれる電磁波は一定周波数パターンで、これが人間の生物学的拒否反応を引き起こし、その結果が数々の病気をもたらしているといわれています。「ウェイヴ・ライダー」の作り出す自然でランダムな「雑音場」を人工的な電磁波に重ね合わせることで、電磁波からの有害作用から回避ができます。世界で唯一の特許をもつ「MRET技術」(分子共鳴効果技術)の開発者であるスミルノフ博士の特殊技術が使われており、この特殊ポリマーを使用している点が画期的です。一家に一台、「ウェイヴ・ライダー」を設置することで家族みんなの健康を守りましょう。





電磁波に囲まれた部屋を、人工的ではない自然な環境へ


■電磁波って、そもそも何?
 人の身体は、電磁場(電磁波が形成する「場」)にいつもいると、カラダがその電磁波を悪いものだと認識して、カラダの中の動きがシャットダウンしてしまい鈍化しやすくなるといわれています。

 本来、人類は自然の中にあるランダムな「雑音場」の中で健康的に生きてきました。
 文明が進化するにつれて、50?60年前に電化製品や電子機器が発達し始め、暮らしはとても便利になりなりました。
 しかし、同時に電化製品や高圧送電線など一定の周波数を持つ電磁波が人体に照射されるようになり、身体が驚いている状態です。
 病気の率が信じられない勢いで上昇していることも事実です。


 
実際に、2011年5月には世界保健機関(WHO)、2012年10月にはイタリアの最高裁判所、2013年3月にはフランス国会などが、電磁波の有害性を認め、警鐘しています。

人類の何百万年という進化の歴史の中で、このような人工的な電磁波が人にさらされてきたことはありませんので、その影響力は未知数です。


■大人よりも、子どもへの影響力はさらに深刻

いま、日本では子どもたちを電磁波から守る制度がほとんどありません。
 しかし、世界の現状からわかることは、携帯電話やwifiに使われている電磁波は人にとって危険であると考えられていることです。
 特に、カラダの形成が発展途上である子どもは電磁波の悪影響を大人と比べて受けやすいということがあります。
 そのため、多くの国々で子どもに対して携帯電話を持たせないようにしたり、フランスやドイツ、オーストラリアなどでは学校でのwifiを禁止するという取り組みもされています。

 有害電磁波から子どもたちや私たちの身を守るためには、人工的な電磁波を地球上からなくすことが最前でしょうが、現実的なアイディアではありません。
 それならば有害な電磁波を無害化すればよいと考え、自然界に元々あるランダムなノイズの場、すなわち雑音場を作り出す方法を開発しました。




「ウェイヴ・ライダー」って何?


簡単にいうと、"雑音場”をつくって電磁波から身を守ってくれる機械です。

「ウェイヴ・ライダー」は、地球の基本周波数(自然の電磁波)である「シューマン振動波」の上に「ランダムなゆらぎの波」を重ねた波型を特殊発信することにより、周囲の人工電磁波の悪影響を抑制する画期的な装置です。
「ウェイヴ・ライダー」を置いた場所から半径9m以内は、本来ならばカラダに悪影響を及ぼす可能性がある人工的な電磁波のある環境を、自然でカラダに優しい環境へとかえてくれます。



 自然界にも電磁波があることを知っていますか?
そう、自然界にはシューマン周波数と呼ばれる電磁波があります。
この電磁波はランダムかつ雑音的で、言い換えれば人が心地いいと感じる“ゆらぎ”があります。
植物が多いところほど、このシューマン周波数が多いです。

しかし、数十年前から、wifiやラジオ波、電子レンジ、携帯電話、飛行機などの開発により、人工的につくられた電磁波が地球に出てくるようになりました。この人工的な電磁波は、正確であり規則正しく一定です。このような規則正しい電磁波は、人々に悪影響を与えることがわかってきています。

○自然界と人工電磁波の違い



このまま人工的な電磁波が増えていくと、
私たちのカラダに悪影響が出てくる…。

そんなときに見つけ出されたのが、雑音場技術です。

■雑音場技術とは?
 雑音場技術は、規則正しい人工波にノイズを重ねることにより、自然の周波数(シューマン周波数)に近い波長をつくりだします。


 “雑音場”という言葉は、人を含む自然環境における地球や生き物が発生する電磁場とよく似た、ランダム化された雑音的な電磁場のことをいいます。
 雑音場技術は“人工的な電磁場”が、ネガティブな効果を生物に引き起こすだろうか?という問いに答える為に米国陸軍によって資金が供給された研究結果として生まれました。

 自然の周波数はランダムであり、雑音的であって“ゆらぎ”が含まれています。地球上での何百万年にわたる進化の過程において、生命はこの“雑音場”の中で生き抜いてきました。

 しかし、1960年代にラジオ波、レーダー、マイクロ波などの技術について研究を行っていた米軍の科学者たちは、それらの研究に携わることによって、様々な病気を促進させる頻度が高まることに気がつきます。

 この問題を解決する為に、科学者たちは電磁波に対処できる解決策を見出しました。それは、自然界に見られるものとよく似た、ランダムな“雑音場”を作り出すことです。この雑音場が、有害な人工的な電磁波に重ね合わせられること、人にとって否定的なものとならないことがわかったのです。

 有害な人工的な電磁波から身を守る方法を探しているうちに
「雑音場技術」という電磁波による悪影響を防ぐ方法を開発しました。



 この雑音場技術を用いてつくられたものが、「ウェイヴ・ライダー」です。





「ウェイヴ・ライダー」の特徴

■特徴1:雑音場技術を生かして、人工的な電磁波から守ってくれます!(半径9m)

「ウェイヴ・ライダー」は、スミルノフ博士の開発した特許技術を使って、人工の電磁波の波に乗ることができる”自然な”周波数を生成するものです。それによって人工の電磁波がもたらす悪影響を中和することができます。

○仕組み

1.「ウェイヴ・ライダー」の内部にはコイルが入っていて、そこからは人間の身体が慣れ親しんできた自然界の7.8?15ヘルツの電磁波を放出(=シューマン周波数)します。

2.電磁波(=シューマン周波数)が、内部にある特殊なポリマーを通り、ポリマーから人工的な電磁波の悪影響をキャンセルするような性質を持った電磁波(=雑音が重ねられた電磁波)を外に放出します。


この雑音場技術を生かして完成できたのは、開発者であるスミルノフ博士が世界で唯一の特許をもつ「MRET技術」(分子共鳴効果技術)を生かしたこの特殊ポリマーを使用していることが大きな要因です。

携帯電話、wifi、その他の電子機器など、人工的な電磁波を発する装置があるところで「ウェイヴ・ライダー」のスイッチを入れると、人工て電磁波に「ウェイヴ・ライダー」の発信する“雑音場”が重ね合わされるので、自然の電磁波(シューマン波)と似た周波数に変換されます。その結果、人にとって自然な環境をつくることができます。


■特徴2:丸山先生の実験
 電磁波障害研究の第一人者である仙台・丸山アレルギークリニック院長の丸山修寛先生に「ウェイヴ・ライダー」を使用していただき、実験。

 前頭前野という、記憶や創造性、人とのコミュニケーションをとる上でもっとも重要な脳の部位について、血流のめぐりの変化を調べてみました。

○図左:「ウェイヴ・ライダー」使用前の前頭前野における脳血流グラフ。血流が全体的に良くない。
○図右:「ウェイヴ・ライダー」を使用してから約9分後の状態。赤い部分が増えて、血流がアップしていることがわかります。

 このように、めぐりがかわることで、元々持っている機能が活性化され、能力が発揮されやすくなります。




開発者のご紹介

開発者 イゴール・スミルノフ博士

原子核工学を学びサンクトペテルブルク海軍アカデミーを卒業するとともに、同アカデミーで機械工学とバイオ工学の分野で科学の修士号を取得。
サンクトペテルブルク州立大学で、臨床心理学の分野で博士号を取得した優れた科学者であり発明家であるスミルノフ博士は、低周波電磁波の人間の細胞生理に及ぼす影響に関する研究におけるスペシャリストである。


ー「ウェイヴ・ライダー」への想いーー
 私は、子どもに大して「15歳になるまでは携帯電話を使わないように」と親がアドバイスすべきである、と思います。

 子どもたちの脳やカラダは、生まれたときから10代の後半あたりになるまで止まることなく絶えず成長して発達しています。

 脳や内蔵諸器官、骨格構造が発達して成長するにつれて、それらは電磁波の悪影響を受けやすくなります。電磁波に長期間さらされると、自然なカラダづくりに悪影響を及ぼす可能性があることを知られています。

 研究結果により、携帯電話やWifiからの電磁波によって子どもたちの反応時間が遅くなり、運動機能が弱くなり、注意散漫になり、集中力が下がるということが示されています。

 子どもたちの頭蓋骨は大人と比べてより小さく薄いものであり、このことは電磁波が子どもたちの脳の中により深く浸透していくということを意味しています。

 子どもたちの脳の組織は大人と比べるとよりソフトでよりたくさんの急送に分裂している細胞を含んでいます。従って、子どもたちの脳は同等の大人と比べて、はるかにたくさんの電磁波を吸収し、より大きな影響を受けることになります。

 フランスでは学校においてwifiを使うことが許されていませんし、ベルギーでは子どもたち向けの携帯電話を販売することが禁止されています。オーストラリアやその他の国々では多くの学校でワイヤレス信号が制限もしくは禁止されています。

 世界の国々では政府や教育当局に対して、wifiを含むワイヤレスのネットワークの代わりに学校で有線ネットワークを使うようにとの圧力がどんどん高まっています。

 日本は、その危機に対する情報が広まっていないことに、私は懸念があります。未来の子どもたちのために、電磁波対策が広まってほしいと切に願います。




江本勝先生、丸山修寛先生も推薦。


■江本 勝 先生
 私は、22年も前に出版した最初の自著「波動時代への序章」で、すでに電磁波問題について警鐘を鳴らしていました。
 ただ、この電磁波公害問題は、その後一部の波動ビジネスを営む方々からエキセントリックに紹介され、それに対応する商品が数多く出回ったため、私としてはこの問題について深く追うことはしてきませんでした。中にはその効果を疑わざるを得ないまがい物の商品も多々見られたからです。
 しかし、ずっと危機感を持っていましたので、私の講演会においても結晶写真を使い無防備な電磁波がいかに人体に有害であるかを目にいえる形にして継続的にお話させていただいていました。

 そんな中、私が真剣に対策をとらなければいけないと思ったのは、電磁波による恐ろしい体験をして体調を著しく崩したからです。

 海外出張があり、私はブラジルへ向けて10日間の旅に出ました。その後、日本に戻り、今度は香港、そして日本に帰国し、その後イギリス、そしてイタリアに次々と仕事のため立て続けに赴きました。
 その際、意識が朦朧として動けなくなるくらい体調を崩してしまったのです。

 日本に帰国してからすぐに病院へ行くと、次のような報告がありました。「江本会長のカラダから電磁波による反応がたくさん出ました。体調不良はそれが原因だと思われます。」と。

 あまりにも長時間のフライトを続けたものだから、飛行機内にある電磁波にすっかりやられてしまい、体中の神経が参ってしまったのだなと思いました。若い頃は免疫力がありましたが、70歳を超えた私は免疫力も弱くなり、大量の電磁波を浴びてしまうと今度のようになってしあうのだろうと納得しました。

 この一件後、私が気になりだしたのは孫たちのことです。
孫たちが携帯電話やゲームに没頭する姿を見て、子どもたちのことが心配になり、そして、現代人はまるで電磁波の嵐の中で生活をしているのだなと恐ろしく感じました。

 これは、なんとかしなければならない。この問題を解決する方法を考えよう!と思ったとき、想いが天に通じたようにお会いしたのが、「ウェイヴ・ライダー」を開発したスミルノフ博士です。
 
 20年前から電磁波による危機を知っていた私が問題について取り上げてこなかったのは、恐ろしさだけを取り上げてそれを防ぐ方法がなければ、それに対する心配や不安だけを振りまくことになると判断していたからです。
 しかし、私の納得いくような機器が見つかりました。ぜひ、この機器を1台、小さなお子様がいるご家庭に1台おいていただきたいです。




■「丸山アレルギークリニック院長」丸山修寛先生

 脳には規則正しい刺激に対しては、嫌な想いをする性質があります。規則正しいパルス(信号)ではなくて、人間にとってベストなパルスだけを選び出して、それを発信するように作ったものがこの「ウェイヴ・ライダー」だと思います。
 私たちは地球に誕生した頃から、地球の地磁気によって守られてきているのですが、今や電気コンセントや様々な電子機器から来る電磁波の地場によって心身に障害や不具合が生じていて、そのため、地球の地場を受け取れない状態になってしまっています。この状態を改善してくれる点が「ウェイヴ・ライダー」の最もいいところではないでしょうか。
 
 実際に私が使わせていただいて、まず前頭前野という、記憶や創造性、人とのコミュニケーションをとる上で最も重要な脳部位について、血流の変化を調べてみました。
 その結果、「ウェイヴ・ライダー」を使い始めると、急速に脳の前頭前野の血のめぐりが増すことがわかりました。この部分でこのようなことおこることは、人にとって良いことで、様々な能力を発揮すると考えられます。

 実際、私は今、ウェイヴ・ライダーを枕元において寝ていますが、使用する前には夜中に3回くらい起きてしまっていたのに今は1回しかおきません。そして、朝起きると疲れがとれています。

 毎日ハードスケジュールで仕事をしていますが、本当にカラダが楽な感じがしています。
 なぜかというと、シューマン波と呼ばれる地球独自の周波数に「ゆらぎ」が加えられたものが「ウェイヴ・ライダー」から出ていますが、いわゆる「1/f」というゆらぎが含まれていることによって、私たちは地球のシューマン波をより自然な状態で取り入れることができると考えてい明日。つまり鈴虫の音色や心地いい音楽にもゆらぎがありますが、「ウェイヴ・ライダー」にも同様のゆらぎが含まれているため、枕元においておけば、寝心地もよく、布団の中に入ると、地球のゆらぎに包まれながら眠っているような感じになるのです。この世界に生きている間には電磁波をさけられない現代人にとって、ありがたい機器だと思います。





使い方

○使い方は簡単!

動作スイッチを押下するのみです。
(効果領域は、本体から半径9メートル内)

・不在時にはスイッチをオフして、効率的に本品を使用すること。
・17,500時間使用で交換(→12時間使用で4年間持続)

「ウェイヴ・ライダー」上部にあるボタンを押すだけ。
稼働しているときは、青いランプがつきます。



○お部屋に

携帯電話やパソコンをする部屋で就寝されると、寝ている間も電磁波の影響がカラダに及びます。



○オフィスに
 パソコンやサーバーに囲まれているオフィスは電磁波の嵐!




○台所に

 電子レンジやIHクッキングヒーターなどからは電磁波がたくさん出ています。お料理をされる際などにウェイヴ・ライダーをつけていただくと安心です。∓率




こんな方にオススメ

・小さいお子様がいらっしゃるご家庭。
・学校、教室を運営されている先生。
・パソコンに囲まれた環境オフィスにいらっしゃる方。
・携帯電話やパソコンをよく使われる方。






愛用者の声


○ウェイヴ・ライダーを使うことによって、よりよく、より深く、より長時間眠れるようになりました。

○多くの人がよりリフレッシュされた感覚を持って目を覚まします。

○疲労が少なく、そして思考においてより明瞭になったと感じました。




Q&A


■Q1:ウェイヴ・ライダーの寿命はどれくらいですか?
>A1:ウェイヴ・ライダーの寿命は17,500時間です。1日12時間使用する場合には約4年間持つことになります。
 ウェイヴ・ライダーの残りの寿命が200時間になったとき、赤いランプが点滅し始めます。
 17,500時間経過した時点から、ポリマーが劣化し始めますので、本来の効果を発揮できなくなります。

■Q2:ウェイヴ・ライダーが守ってくれる範囲は?
 >A2:半径9mの範囲です。

■Q3:ウェイヴ・ライダーの雑音場は壁を通り抜けますか?
 >A3:ウェイヴ・ライダーは、名前が示唆するように
家庭や職場で電磁波に“乗る”ものです。これらの電磁波が壁を通り抜けていくように、ウェイヴ・ライダーの雑音場も壁を通り抜けます。


■Q4:ウェイヴ・ライダーからの周波数は、私たちの携帯電話やwifiの信号に影響を与えますか?
 >A4:携帯電話やwifi を使っているときのコミュニケーションの明瞭さに変化はありません。ウェイヴ・ライダーの周波数は携帯電話やwifiの信号に干渉しません。?





商品詳細



・重量:650g
・パッケージを含む重量:1,000g
・サイズ:幅15㎝×高さ12㎝×厚さ17㎝
・パッケージのサイズ:25.5cm(L)×16.5cm(B)×13.5cm(H)
・入力電圧:110-240V,50-60Hz
・出力電圧:12V DC,350mA
・保証期間:1年間
・寿命:17,500時間
(1日12時間使用で、約4年間)
・有効範囲:半径9m


●お部屋に誰もいないときはスイッチを消してください。

●17,500時間使用で交換(→12時間使用で約4年間持続)
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。